株式会社ジャパンインスペクション株式会社ジャパンインスペクション

事業案内
Business

太陽光発電で大事なことは
継続的な監視と
定期的なメンテナンスです。

太陽光発電が出始めた当初「太陽光発電はメンテナンスフリーである」などと言われていましたが、そんなことは決してありません。屋外に設置された電気機器の集合施設であるため、自然の影響を一番受けやすく、場合によっては発電量の低下による利益の喪失や事故が起こる危険性があるのです。

鳥糞で汚れたパネル
鳥糞で汚れたパネル

2017年4月から施行された改正FIT法において、メンテナンスが義務化されました。

今回の改正FIT法において適切な保守管理・点検(メンテナンス)が義務化された経緯には、設計施工やメンテナンスが不十分な物件によるトラブルが続出したことが挙げられます。ガイドラインに沿った保守管理・点検を推奨してはいますが、具体的な基準等は決定しておりません。しかし今後、適切な保守管理・点検(メンテナンス)が行われていないと判断された場合、改善命令や認定取り消し等の処分が下される可能性も否定できない状況となっています。

自社運営での経験を生かす

2010年から太陽光発電所の建設に携わり、現在では高圧低圧、増設、家庭用等を含めて500件近くの案件を施行してきました。また2017年からは自社でメガソーラー発電所の運営を行っており、発電所の管理にも力を入れております。 自社太陽光発電所運営から得た経験を元にして、太陽光発電所のメンテナンスサービスを行っております。

トラブル例

メンテナンスをせず10年間放置していた売電単価36円の施設内で、1枚のパネルが破損して発電を行っていなかった場合。

パネル1枚あたりの年間発電量 = 約280KWh
10年間の発電量 = 約2800KWh
売電単価36円になりますので 36円 × 2800KWh = 約10万円

ヒビの入ったパネル
ヒビの入ったパネル

たった一枚のパネルが破損していただけで、約10万円の損失!!

太陽光パネルは直列で配線をつなげている為、他の正常なパネルにも悪影響を及ぼします。
破損だけではなく、雑草などによってパネルに影が落ちていても同じようなことが起きる可能性があります。

関連サイト

  • エネルギー総合

    ソラエネスト