サンエイホールディングス株式会社サンエイホールディングス株式会社

建売情報
Houses

構造模型

構造模型

レオーネハウスの5つのポイント

枠組みトラス工法

枠組み工法とはフレーム状に組まれた骨組みに合板を打ち付けパネル化し、それを壁に使用することで「面」で建物を支える工法です。地震や風に強くなり頑丈な家となり、パネル化することによって断熱材を多く取り入れることができるため耐火性・気密性・断熱性も高くなることが特徴です。

枠組みトラス工法はこの枠組み工法に加え、力のつり合いを保つことに優れた三角形を取り入れるトラスシステムを組み合わせることで軽くて丈夫な構造を実現します。

枠組みトラス工法
ガーデン

レオーネハウスのご提案ではお庭のプランも一緒にご提案しており、プロが家の設計段階で一緒にお庭を設計します。

外観はもちろん屋内から見てもお庭を楽しむことができ、植物や自然素材を積極的に取り入れることでリラックスした快適空間を作り上げます。

ガーデン空間
ファイバーエース(断熱材)

ファイバーエースは木質繊維からできており、繊維同士が絡み合うことで生まれる空気の層だけではなく繊維そのものの中にも空気の層があるため、無機質系断熱材に比べて高い断熱効果を有しています。また木質繊維が本来もっている性質による調湿機能、含有されたホウ素系薬剤※による防火機能や防虫機能、さらには高密度で施工することによる防音機能が期待できます。

※目薬などの医薬品にも使用されている安全な薬品です。

ファイバーエース(断熱材)
動線

家事動線は、普段生活する中で重要なポイントです。

お客様のご要望や生活スタイルをお伺いして、デザイナーがより良い動線を設計士、外動線にいたるまで快適に過ごしていただけるプランをご提案いたします。

家事動線
ZEH

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、高断熱化と高効率設備により快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費するエネルギー量が概ねゼロ以下となるよう設計された住宅のことを指します。

ZEH目標※LEONEでは平成32年度までに、ZEH住宅の普及率を50%とする目標で掲げています。
平成30年度(2018年度) 平成31年度(2019年度) 平成32年度(2020年度)
ZEH受託率 15% 20% 50%
総建築数
平成28年度(2016年度) 平成29年度(2017年度) 平成30年度(2018年度)
総建築数 0棟 1棟 1棟